派遣社員がストレスなく豊かに働く方法

派遣で楽しく高時給!

派遣社員の仕事の悩み

派遣のくせに偉そうと言われた方へ。パワハラ職場でストレスなく働くポイント

派遣のくせに

(「派遣のくせに」と言われた場合の対処法)

 

派遣社員の悩みとして多いのが、いっしょに働いている正社員からの区別・差別ですよね。

私も「派遣のくせに生意気」なんて言われて、

トイレでこっそり泣いてから職場に戻ったりした経験があります。

正社員とほとんど同じ働きをしているのに、

待遇や社内での仲間外れがひどい…というのは本当につらいですよね。

そんな方のために、この記事では派遣社員としてストレスなく働くためのポイントを紹介します。

毎日つらい思いをしながら働いている方のお役に立てば幸いです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

派遣社員としてストレスなく働くためのポイント5個

派遣社員が正社員に混じって、ストレスなく働くための対処法として以下の5つがあります。

それぞれの内容について、順番に見ていきましょう。

  1. 派遣社員の立場として一線引いて働く
  2. 作業にはまってしまおう
  3. 心理的にバッサリと割り切って働く
  4. 自己研鑽・自己投資をする
  5. 派遣会社に相談して派遣先を変えてもらう

対処法1. 派遣社員の立場として一線引いて働く

正社員から見れば、派遣社員ってしょせんは「外部から来ている人たち」扱いです。

これは会社と結んでいる契約内容から考えてどうしようもないことなので、認めてしまいましょう。

その上で「外部から来ている人たち」という私たちの立場を上手に利用して仕舞えばいいんです。

例えば、派遣社員へ求められる以上の負荷を背負うような仕事は、

遠慮や罪悪感を持たず、上手に正社員に丸投げしてしまいましょう!

例えば以下のようなストレスフルな業務は、無理して自力でやる必要はありません。

  • お客様からの無理な問い合わせやクレーム
  • 時間外労働
  • 目標数字等を達成するために、神経やエネルギーを消耗しなければならない積極的な仕事
  • 大きな責任を背負ったり、危険性の高い業務

派遣社員は正社員とは違い、会社と運命共同体ではありません。

身を粉にして働く義理はありませんよね。

冷たいかもしれませんが、あらかじめ派遣社員ができる仕事の範囲は決まっており、それ以上の事は求められていません。

これを逆手に取ってしまえば強みにもなるのです。

毎日、決まった事だけやってさえいれば、ほぼリスクのない安全な労働環境と見ることができます。

対処法2.は作業にはまってしまおう

会社や職場の人たちの評価に惑わされず、目の前の仕事に没頭してしまいしょう。

派遣社員に与えられる仕事は、専門的でスキルアップを目指すような内容ではないことがほとんどです。

誰でもできるレベルの決まったルーティーン業務が多いですよね。

だから高評価を得ても、今後に大きな利益をもたらしてくれません。

もちろん、だからといって手を抜いていいわけではないです。

対価としてお金をもらっているわけですからね。

そこで、向き合う相手を「会社の上司」ではなく「自分自身」に変えてみてください。

与えられた仕事と向き合い、自分なりに楽しみを見つけて没頭してみましょう。

同じような話で、ホリエモンが刑務所に収監されたときのエピソードが参考になります。

刑務所内の作業は当然ながら単純作業ばかりなのですが、その中にも喜びを見つけ、

はまってやり続けたという話があります。

対処法3.心理的にバッサリと割り切って働く

「正社員、派遣社員」という違いより、自分自身の雇用契約をしっかり把握しておきましょう!

派遣社員は弱い立場という見方がありますが、決してそんな事はありません。

正社員とは言っても、ブラック企業で働く人たちの待遇は本当に悲惨なものです。

毎日何時間も残業をさせられて、しかもお金は払ってもらえない…なんてことは普通にありますし、

雇用が守られているとは言っても、正社員でもリストラしようと思えばすぐにできてしまいますからね。

その一方で、派遣社員の福利厚生は「派遣元の会社」が保証してくれています。

大手の派遣元会社なら、社会保険や福利厚生、研修制度はとても充実していますよ。

それに、派遣先の会社(実際に働く職場)が合わなければ別の職場に変えてもらうということも可能です。

派遣社員の良いところは、

良くも悪くも「自分が働く職場を選べること・ひとつの職場にこだわる必要がないこと」です。

どうせ働くならこの強みを生かして働くようにしましょう。

対処法4.自己研鑽・自己投資をする

派遣社員は正社員に比べて「自由に使える時間」がとても多いのも魅力です。

残ったエネルギーと時間は自己成長のために使いましょう!

自分が楽しみながらやれる事なら何でもいいです。

例えば、私は格闘技と書道を習っていました。

格闘技でいつでも自分を守れるという安心感、書道は今後初対面の方へ印象を良くするためです。

派遣社員と見下されても跳ね返せますし、就職活動の履歴書にも役立ちます。

他にも、美味しい外食100件経験することも目標にしました。

素朴な目標ですが日々のルーティーン化された業務を耐えるためのモチベーションにもなります。

対処法5.派遣会社に相談して派遣先を変えてもらう

もし限界を感じたら、一旦無理せず派遣元の営業担当者に相談しましょう!

まず、派遣先企業への話し合いなど、何かしら改善努力をしてくれるのが普通です。

異なる派遣先の提案があれば、それも考えてみます。

ただ最後は、派遣元が持っている企業数や派遣先企業の採用人数等も関わってくることなので、丁寧なコミュニケーションで進めていくことが重要です。

-派遣社員の仕事の悩み

Copyright© 派遣で楽しく高時給! , 2021 All Rights Reserved.