医療事務に採用される人とは?

医療事務の転職活動ナビ

転職のノウハウ

病棟クラークは辛い?医療事務や看護助手との仕事内容の違いは?

※この記事は 2 分で読めます。

ただし、病棟クラークは患者さんの身体に接することは一切しません。

看護師から渡される書類を処理したり、不足の書類を依頼したりするのが豹頭クラークの仕事内容です。

その病棟の看護師さんが仕事がやりやすいかやりにくいかは、その病棟クラーク次第なところもあります。

仕事ができないクラークだと看護師の処理量は増え、テキパキ動いてくれるクラークだと看護師の仕事は楽になります。

医療事務や看護助手との仕事内容の違いは?

病棟クラークは医療事務や看護助手という職種とどのように違うのでしょうか。

医療事務は純粋に事務職であることが多いです。

看護助手は看護師に近い仕事をします。患者さんの食事介助や清拭、移送など患者さんの身体に接する仕事も看護助手の仕事の範囲内です。

給与や福利厚生の違い

病棟クラークの勤務時間は9時~17時の病院が多いと思います。

中には時短で14時頃までという働き方もあります。

病棟クラークの主な仕事の一つとして、入退院患者の処理があります。

そのため、患者の入退院は14時頃落ち着くため、その時間までの時短勤務が認められている病院もあります。

医療事務は委託や派遣が多いです。

一方で、病棟クラークは病院直接雇用(看護部所属の契約社員)が多いですね。

給与や福利厚生は病院によっても違いますが、給料はそれほど高くはありません。

なお、制服は支給されます。

病棟クラークで働くために必要な資格は?

病棟クラークの資格は現時点ではありません。

しかし、医師事務作業補助者を病棟クラークに配属する病院が増えてきているため、医師事務作業補助者の資格を取得することをお勧めします。

採用試験の時に優遇されたり手当てが付いたりする可能性があります。

また、病院によっては、採用後に医師事務作業補助者の研修を必須とする病院もあります。

↓※医療事務や病棟クラークに必要な資格を最短で取るならこちらがおすすめです。

ヒューマンアカデミー医療事務講座

医療事務の仕事がしたいっ!★ヒューマンアカデミー★

病棟クラークに向いている人はどんな人?

病棟クラークには、人と話すことが好きでコミュニケーション能力がある人が向いています。

医療事務とちがい、病棟クラークは常に患者さんや看護師、医師と接しています。

そのため、会話が出来なければ仕事になりません。

相手のことを考えて、看護師や医師が働きやすいように声をかけたり準備することが大切です。

そのため、細やかな気配りができる人も病棟クラークに向いていると思います。

医療事務はミスなく請求を出すのでコツコツ勉強する真面目なタイプですが、病棟クラークは社交的なタイプが好ましいと思います。

-転職のノウハウ

Copyright© 医療事務の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.