医療事務に採用される人とは?

医療事務の転職活動ナビ

転職体験談

医療事務の給料は安い?未経験女性が年収500万円になれた理由

※この記事は 3 分で読めます。

こちらも病院規模によりますが、1日に1,000~3,000人の患者様の請求を出していきます。

メインの仕事であるレセプト点検

入院会計と外来会計は会計を出すだけではなく、月末月初にはレセプト点検とういうメインの仕事があります。

薬や検査、処置・手術に対する病名はしっかりあるか、請求漏れや過剰請求をしていないかを目視でチェックしていきます。

また、手術材料を通常より多く使ったり、検査を頻回に行ったり、高額請求になったレセプトには症状詳記を医師にお願いします。

上級者になると経験できる業務

また、上級者になると、査定返戻対策や分析等の仕事もできるようになります。

その他の医療事務の仕事としては入院や外来の窓口、診療情報管理、総合案内、医師事務作業補助などがあります。

このように、「病院の医療事務」と一言でいっても、内容はさまざまです。

病院の仕事と言っても、常に患者様と接する部署もあれば、患者様と全く接しない部署もあります。

また、外来会計や入院会計、医師事務作業補助は医師や看護師、技師などさまざまな職種の方と接することになります。

医療事務として働くのに年齢や性別は関係ありますか?

医療事務として働く人たちの経歴はさまざまです。

年齢層も10代後半の高校を卒業した人から、50代のベテラン職員までいます。

ただし、実際に最前線で働いている人は、20代から30代の女性が比較的多いです。

男性の医療事務職員は1割にも満たないと思います。

私も20代後半から未経験で医療事務の仕事を始めましたので、基本的にどんな人でもやる気さえあれば挑戦できる仕事です。

特に、女性は働きやすい環境ですので、ぜひチャレンジしてほしいですね。

この仕事の働く時間や残業・休日出勤の有無について教えて下さい

勤務時間は病院規模や部署により違ってきますが、基本は8:30~17:30だと思います。

ただし、患者様次第であるため、外来が長引いたりした場合は残業となります。

また、月末月初はレセプト点検作業もあるため、この業務にかかわる部署は月20時間ほど残業が発生します。

このレセプトの締め切りは毎月10日と決まっています。

なので、ゴールデンウィークや年末年始、土日に当たってしまった場合はちょっと大変です。

前もって準備しておけば大丈夫ですが、量が多いと休日出勤になってしまいます。

なお、休日出勤をした場合には1日すべての労働時間が残業扱いになりますので、たくさんお給料を稼ぎたい人にはむしろいいかもしれません。

この仕事にはどうすれば転職できる可能性が高いですか?

マイナビジョブ20's

病院は日本全国どこにでもありますので、転職サイトで検索すれば医療事務の求人もかなり多く出ています。

実際の医療事務の求人を見てみる

未経験でも始められる仕事ですから、他業界からのキャリアチェンジも可能だと思いますよ。

未経験者の場合は給料は最初のうちは安いですが、実務経験を積んでいけば給料は上がって行きます。

一つの職場で一人前に仕事ができるようになったと感じたら、私のようにどんどんキャリアアップ転職をしていけばいいと思います。

一つの職場で地道にキャリアアップして行きたい人も多いですよね。

ですが、もっとも年収がアップするのはやはり転職に成功したタイミングです。

1つの職場でお給料を劇的に上げるのはとても難しいですが、別の職場に移ることによって給料をあげるのは比較的簡単なのです。

次の項目で紹介する医療事務の資格取得などもあわせて進めていけば、医療事務としてキャリアアップ転職を成功させることは難しくはないです。

ぜひ長期的なプランを立てて頑張ってほしいですね。

医療事務として転職するときに有利な資格は?

求人応募のときに有利になる資格としては、診療情報管理士や施設基準管理士などがあります。

次のページへ >

-転職体験談

Copyright© 医療事務の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.