経理未経験者の転職【30代OK】

会計人財になる方法

経理 未経験 30代

(30代でも未経験から経理に転職するのは可能?この記事では、まだ実務経験がない方向けに経理職としてキャリアアップしていくための具体的な方法を解説いたします)

  • 経理職に転職したいけど実務経験がない…30代未経験でも採用されることはある?
  • 簿記の資格を持っているけど経理に未経験から転職できる?
  • 経理で採用されるのは女子だけ?男子は採用されない?

この記事では、未経験から経理職への転職を目指す方向けに、最短で内定をとるための転職活動の進め方を具体的に解説します。

結論から言うと、30代未経験(男女問わず)の人であっても、経理職としてゼロからキャリアアップしていくことはまったく問題ありません。

ただし、経理の人材市場はかなり特殊ですから、転職活動はポイントを押さえて行う必要があります。

以下では、その具体的なポイントを順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「経理に未経験の30代から転職」は可能?

結論からお伝えすると「経理に未経験の30代から転職」は可能ですが、段階を踏んでキャリアを構築することが必要です。

具体的な方法は後ほどご紹介しますので、まずはなぜ段階を踏むことが必要なのか、解説していきましょう。

経理職は基本的に未経験者がいきなり正社員として採用されることが難しい職種です。

その理由を端的にお伝えすると、営業職や人事職などと異なり、経理職は「1+1=2」ということを正しく処理しなければならない職業だからです。

もし、簿記を勉強されているのであればお分かりになるかもしれませんが、その正確な処理はそれなりの経験値と慣れが必要です。

経理の経験がなく、いきなり業務を行うと、普段の経理処理を間違えるだけでなく、それが決算につながり、その間違いが決算をややこしくさせてしまいます。

月次決算、年次決算が締まらないばかりか、その間違いをスルーしてしまうと、最悪の場合には粉飾決算などにつながり、会社の信用そのものにも影響しかねないということになります。

少し大げさに言いましたが、経理職は日頃の経費精算や仕分けを行うだけでなく、それが経営方針や株主や顧客、銀行などとのコミュニケーションに繋がっているため、経験が必要になるということです。

もちろん未経験歓迎の求人はゼロではありませんが、同じ未経験の20代の人たちとの競争で勝てるかはと言われると、それは微妙だと言えます。

また、大手の管理職登用はほとんど新卒ですので、ほぼ無理だと考えたほうがいいでしょう。

ただし未経験者もあきらめないでOK!

少し厳しい言い方をしたかもしれませんが、実務未経験でも諦める必要はありません。

なぜなら経験者が優先的に採用されるのであれば、経験者になればいいからです。

経理職はキャリアのステップアップが見えやすく、次に何の仕事ができればいいのかがとても分かりやすいです。

つまり、もしあなたが経理職を少しでも経験していれば、はじめに任せる業務を明確にすることができます。

未経験であれば一から業務を教えないといけないですし、経理全体の流れを分からないと言われると時間的コストがかなりかかってしまいますので、少し経験しておくだけでかなりのアドバンテージになると思っていただいていいでしょう。

30代の未経験者が経理に転職する具体的なステップ

では、ここからはどのように経験者になればいいのか、そしてどのように経理職の正社員を目指せばいいのかをご紹介しましょう。

具体的にどういう実務経験があれば「経理の実務経験者」と認められるかというと、「決算業務経験」を行なっていることです。

決算とは端的に言うと、「その月(年)の収支を計算し、利益(損失)を正しく算出すること」です。

ではどのようにすればその決算業務を経験できるのか、それはまず、経理事務派遣または会計事務所正社員で実務経験を積みましょう

①経理事務派遣

経理事務派遣はアルバイトと比べて高時給ですし、実務経験として見てもらいやすくなります。

また、紹介予定派遣として入り、実務経験を積みながら正社員を目指すということも可能です。

職能別で人材を探している企業が多いので、一般的な事務作業ではなく経理実務の経験を積めることが最大のメリットです。

派遣社員として経理事務を経験すれば、数ヶ月の経験で正社員採用される可能性が高くなります。

②会計事務所(税理士の事務所)

会計事務所は未経験からでも正社員採用がとても多いです。

顧問契約を結んでいるお客様から「先生」として扱われる仕事ですし、お客様の役に立っているということを肌で感じることができるため、やりがいをもって仕事することができます。

一般企業の正社員を目指すためには、会計事務所での経験は1年から数年で可能だと思っていただいていいでしょう。

ただし会計事務所は小規模な組織(社員3名~5名程度が普通)で、中にはブラックな職場であるところもありますので、転職活動ではエージェント利用が必須です。

また、エージェントを利用する際は、「経理アウトソーシングサービス会社」もありますので、そのような会社の求人があるか相談するのもオススメです。

会計事務所では経営者との直接的なやりとりが経験でき人脈もでき、その企業から経理部門にヘッドハンティングされるケースも多いことが最大のメリットです。

経理に求められるスキルと適性について

ここまで正社員の経理職を目指すためのキャリアステップをご紹介してきました。

キャリアステップを理解できたら、あなたが本当に経理職に向いているのかを判断することが大切です。

ここからは経理職に求められるスキルと適性についてご紹介していきましょう。

経理に向いている人はどんな人?

「正確に物事を進める人」、「心配性な人」、「コミュニケーション力をもっている人」このような人が経理職に向いていると考えていいでしょう。

「正確に物事を進める人」、「心配性な人」というのははじめにもご紹介したとおり、経理は正しい処理を求められる仕事です。

正確に処理を行い、ミスをしていないかこまめにチェックできるということが基本的に必須になります。

また、経理職はコミュニケーションをあまりとらないというイメージを持たれていますが、部署内ではかなり頻繁にコミュニケーションをとります。

その頻度は規模にもよりますが、部署内での連携が必須で正しく状況や進捗を伝える力が必要になります。

以上3点が経理に向いている人の条件ですが、向いているのかを判断するためには客観的な自己分析が必要です。

キャリアの棚卸しから経理職とのつながりを考える

あなたのキャリアが全く経理職に活かされないのかと言われると、必ずしもそうではないはずです。

例えば営業職を経験していたのあれば、一人当たりどれくらい売り上げれば黒字になるのか、現場での動きなどを分かっていますので、それらは必ず経理職には活きてきます。

専門性をつけるプランを立てる

経理職には実務に活きるあらゆる資格が存在します。

最も有名なのは日商簿記ですよね。

実務を進める上でも転職する上でもやはり資格を持っておくというのはとても大切ですし、仕事をしながらそれだけ努力できる人という見られ方もされます。

そこで資格取得のための勉強していくスケジュールをたて、スケジュール通りに勉強を進めていくことをオススメします。

また、経理だけではなく、財務や会計の勉強も並行して進めることもオススメです。

ただし、資格だけをとればいいわけではなく、資格取得は実務経験ありきの話です。

簿記1級をもっているより、決算業務を1回経験している方が転職市場の価値は高いと思ってください。

そのため、実務経験を積みながら、無理ない範囲で資格取得を目指して頑張ってくださいね。

まとめ

ここまで実務未経験から経理職への転職方法をご紹介してきました。

改めて一番のポイントをお伝えすると、「実務経験を踏むこと」です。

実務未経験での転職ははじめは年収が下がるなど、デメリットもあります。

ですが、経理職は「専門職」といわれますし、経理職がない企業はありませんので、転職市場の価値も高いです。

未経験からのチャレンジは不安だらけかと思いますので、転職エージェントに登録し、相談しながら転職を進めることがオススメです。

焦らず自分のペースで転職活動を行なってくださいね!

投稿日:

Copyright© 会計人財になる方法 , 2019 All Rights Reserved.