名刺作成をする時は載せる情報を明確に

高品質の名刺の作成なら【アドプリント】
アドプリントの提供する名刺は多くの業者さんにも活用いただいております!

「名刺」を作成するとき、いくつか気を付けなければならないことがあります。まずひとつが「サイズ」です。個性を出そうとするとデザイン性に力を注ぐようになり、基準を忘れてしまうおそれがあります。大きくなり過ぎてしまうと名刺ケースに入らないこともあるので気をつけましょう。
名前や会社名、自分が何を担当しているか、住所や電話番号、アドレスなど、事前に掲載する内容を明確にしておくことも大切です。また、会社の知名度を高めるため、お客さんをつかむなど、目的もはっきりさせておきましょう。会社の知名度を高めるためならマークをはっきりさせること、お客さんを掴むためなら電話番号やアドレスを載せることを忘れてはなりません。名前は大きくしましょう。会社名やアドレス、電話番号とメリハリをつけるのがポイントです。こうすることで最も大切なことを強調できます。
名刺は小さなスペースに情報を載せます。たくさん詰めすぎてしまうと汚ならしくなってしまうので注意が必要です。個人的な情報を載せられない場合は、ホームページを掲載すると良いでしょう。ホームページの側に「情報をチェック」など言葉を添えると観覧したいという気持ちにつなげやすくなります。

名刺印刷のポイント

名刺を作成する時に重要な事の一つに印刷がありますよね。この名刺印刷は、名刺の出来を決める大切な要素であり、印刷をミスしてしまうとイメージしていた名刺を作成する事が出来ない場合もあるのです。そこで今回は、この名刺印刷について書いていきたいと思います。
名刺の印刷を成功させるポイントはいくつかあり、その一つにプリンターとの相性があります。プリンターにはレーザープリンターやインクジェットプリンターなど様々な種類のものがありますが、名刺印刷をする場合はインクジェットプリンターを使用していきます。このインクジェットプリンターの中でも様々なものが存在しており、使用できるカラー数やインクの種類によって印刷後の色の完成度が大きく変化するのです。
名刺を作成していく時は、最初にパソコン上でデザインを作成し、その後に用紙に印刷していきます。そのため、名刺印刷にはパソコン上で作成したデザインをより再現出来るかどうかが重要なポイントになっているのです。
このように、名刺印刷にはいかにデザインデータを綺麗に印刷出来るのかという事がポイントになっており、そのためにはプリンターの選択を間違えないようにしなければいけません。

名刺印刷はデータ作成時から

質の高い名刺を作成するためには印刷にも注意を払わなければなりません。印刷と言えば、プリンターや用紙などの要素がありますが、実はそれ以外にも重要な要素が存在するのです。そこで今回は、名刺印刷における重要な要素について書いていきたいと思います。
名刺を作成する手順は、まず最初にどのような名刺を作成するのかを考え、その後パソコン上でデザインデータを作成し、印刷をしていくという流れになっています。そのため、名刺印刷と言われると最後の印刷の手順の時に注意すれば良いと考える方もいらっしゃると思いますが、名刺印刷を成功させるにはデータ作成の時点から注意しなければいけない事があるのです。
では、その注意点とはどのような事なのでしょうか?名刺データを作成する時には、カラーの種類を選びます。カラーにはCMYKカラーとRGBカラーというものがあり、名刺などの用紙に印刷する場合はCMYKカラーでデザインデータを作成する必要があるのです。
この時に、RGBカラーのまま名刺データを作成してしまうと、印刷した際にパソコン上の色と誤差が生じてしまい、イメージしていた名刺とは違った名刺になってしまう危険性があるのです。なので皆さんも名刺印刷をする際はデータ作成時から注意するようにしましょう。